WiMAX2+ ルーター 比較 おすすめ

MENU

WiMAX2+のルーターを比較しておすすめをご紹介

このページではキャンペーン対象になっている現行機種を比較して違いを解説しています。
WiMAX2+では選ぶルーターによって使えるネットワークや速度やキャンペーン特典が変わることがありますので違いをしっかり把握しておく必要があります。

WiMAX2+のルータースペックを比較

ルーター比較

機種 速度 ネットワーク バッテリー
W04 440Mbps WiMAX2+,au4GLTE 最大10.5時間
WX03 440Mbps WiMAX2+ 最大12.3時間
W03 370Mbps WiMAX2+,au4GLTE 最大12時間

W04やWX03と違いW03の370Mbpsはあまりメリットなし?

現在最新モデルの3機種を上の表にまとめましたが、W04とWX03の次に速いW03には注意が必要です。

 

W03は下り220MbpsのWiMAX2+と下り150Mbpsのau4GLTEをキャリアアグリゲーションという技術によって同時利用することで370Mbpsを実現するものとなっています。したがって、通常の月額料金に加えてau4GLTE利用料の1,005円が別途必要になります。

 

au4GLTEは月7GBの通信量の上限が決まっていますし、正直220Mbpsで十分過ぎる速度なので、わざわざ1,005円を払ってまで使う必要は無いと個人的には思います。※W03ではWiMAX2+のみで利用できるハイスピードモードを搭載しているので、必ず1,005円が加算されるわけではありません。あくまで、もっと速度が必要、もしくはWiMAXが万が一繋がらない際にネットを使いたい時の選択肢と考えていただければと思います。

 

ただ、1個前のモデルであるW02と比べてバッテリー性能がアップしているので、キャッシュバック額の差が大きくないようであればW03をおすすめします。

 

また、W04とWX03は下り220MbpsのWiMAX2+を2つ束ねて440Mbpsを実現していますが、まだ440Mbpsに対応しているエリアが東名阪の一部のみなので、実際は220Mbpsでの利用がメインになります。

WX02はWiMAX(13.3Mbps)に対応しているが

WX02ではWiMAXも使えますが、旧機種にあったWiMAXのネットワークだけ使用可能なノーリミットモードは非搭載なので、手動でWiMAXだけを選択することはできません。ルーター側でWiMAX2+が繋がらない時はWiMAXに自動で切り替えるかたちになります。

 

たとえノーリミットモードがあったとしても、現状WiMAX2+の3日間で3GBを超えた際の通信規制が発動しても実測で5Mbps以上は安定して出ているので、WiMAXを使えるメリット(3日間制限なし)は無いと言えます。

まとめ
WiMAX2+の3日間制限が実質問題ないレベルなので、WX02を選ぶメリットは無い。(そもそもノーリミットモードは非搭載)W03とW02の特典に差があまり無い(キャッシュバックで1,000円差)ので、W03がバッテリー長持ちでおすすめ

W03対象のおすすめキャンペーンは?

GMOとくとくBBの特徴

他社がギリギリ2万円を超える中、GMOとくとくBBは最新モデルがWiFiルーターのみで31,000円、クレードル付きでも28,200円のキャッシュバックがもらえます。
さらにピンポイントエリア検索で○判定で万が一WiMAXが繋がらない場合は20日以内であれば無料でキャンセルできるので、エリアに不安がある人でも安心して申し込めます。

月額 4,263円
特典 最大32,000円キャッシュバック,20日以内のキャンセル無料