WiMAX2+に新機種NAD11が登場!気になる違いは?

MENU

待望の新機種登場!旧型との違いは?

NAD11とHWD14

6月20日にNECからWiMAX2の2機種目となるNAD11が発売されました。1機種目のファーウェイ製のHWD14との違いをまとめました。

 

今のところキャンペーンには大きな影響はありません。

 

新機種ではauのLTEが使えない代わりにWiMAXハイパワーに対応

NAD11はauの4GLTEに非対応となっています。HWD14ではオプションで1,005円支払うことによって使えます。
その代わり通常のWiMAXの電波が弱いエリアにおいて、より電波をキャッチしやすくなって快適に使えるようになる「WiMAXハイパワー」に対応しています。ただし、どれだけハイパワーになってもWiMAXのエリア自体が広がるワケではないので、エリアを気にする人はHWD14でauのモードを使用した方が良いです。GMOやBIGLOBEなら7月分まで使用料無料のキャンペーンを実施中なのでおすすめです。

 

より薄くなってバッテリーが長持ちに

HWD14は厚いですが、NAD11は薄型でより持ち運びに適したサイズになっています。カバンに入れてしまえば一緒ですが、ズボンやスーツのポケットに入れて持ち歩く人にとっては少しでも薄い方がありがたいですね。
バッテリーの持ちですが、HWD14が最大9.5時間に対してNAD11が10.5時間と1時間長くなっています。