HWD15とNAD11のスペックやキャンペーン特典の違いは?

MENU

スペックの差と特典の違いを比較

HWD14が販売終了し、後継機であるHWD15に切り替わって、現在はNAD11とHWD15がWiFiルーターのラインナップになります。ここでは2機種の違いをまとめて解説しました。

 

HWD15とNAD11の大きな違いはハイプラスエリアモードの有無と厚さ

2機種とも電波が弱いエリアでも受信感度がアップするWiMAXハイパワーに対応していますが、HWD15ではさらにauのLTEがオプションで使えるハイスピードプラスエリアモードがあります。WiMAX自体が繋がらない場所でネットに繋げたい場合、auのLTEの出番です。デメリットとしては一瞬でも使用したら1,005円が使用料としてかかります。

NAD11のメリットは薄型コンパクト

HWD15の方がNADと比べて厚みがあるので、大きく感じます。具体的にはHWD15が14.9mmに対してNAD11が厚さ8.2mmになっています。バッテリー自体の持ちはHWD15が10時間50分でNAD11は10時間30分と見た目ほど大きな差はありません。WiFiルーターをカバンに入れずにポケットに入れて持ち運ぶ人にとってはNAD11の薄さはありがたいですね。

キャンペーン特典の違いは?

一番人気のGMOのキャンペーンを例にあげますと、HWD15がキャッシュバック27,390円(クレードル付なら23,790円)に対してNAD11がキャッシュバック20,790円になります。最大で6,600円の差が開きます。少しでも薄い方が良い、軽い物にしたいと言う人はNAD11を選んで、カバンに入れるからサイズは気にならない、それよりも一番お得な物が良いと言う人はHWD15を選ぶのをおすすめします。