WiMAXからWiMAX2+へのギガヤバ移住計画はお得?

MENU

WiMAX2+史上最大のタダ替え大作戦がパワーアップしてギガヤバ移住計画へ

WiMAXユーザーへのWiMAX2+移行促進キャンペーンとして、5月1日に新たにギガヤバ移住計画がスタートします。
以前実施していたWiMAX2+史上最大のタダ替え大作戦のパワーアップ版となっています。

ギガヤバ移住計画の内容

契約解除料無料
登録無料
機種代金無料
ギガ放題プランが2年間月3,696円

まず現在契約しているWiMAXの途中解約の違約金が0になります。次に新規契約時にかかる3,000円の事務手数料が無料になります。機種代金は0円が基本なので、これはあまり目立った特典とは言えません。

 

最後がタダ替えキャンペーンには無かった月額料金の割引です。WiMAX2+を新規で制限の無いギガ放題プランで契約すると月4,380円になります。それが2年間割引されてWiMAX時代と同じ3,696円で使えます。WiMAX2+は月額が高くなるのがネックだった人にとっては嬉しいキャンペーンです。

ギガヤバ移住計画の注意点

対象となるのはあくまでWiMAXユーザーで、WiMAXと直契約している方のみです。MVNO先であるGMOや@niftyで契約している方は対象外になります。これはMVNO先によって入会特典や違約金の設定が異なるためです。

ギガヤバ移住計画と解約新規はどっちがお得?

WiMAX自体は40Mbpsから13.3Mbpsへの移行が進んでいるので、どちらにしてもWiMAX2+対応機種へ切り替えた方が使い勝手は良くなります。そこで、ギガヤバ移住計画を利用するか解約して新規で契約して特典をもらうのとどちらがお得が検証してみました。

 

解約新規は当サイトが一番おすすめするGMOのキャンペーンになります。GMOは選ぶ機種によってキャッシュバック額が変わります(20,190円~27,390円)が、一番人気の下り最大220MbpsのWX01で比較します。

ギガヤバ移住計画と解約新規比較表

  ギガヤバ移住計画 解約新規
初期費用 0円 3,000円
月額料金 3,696円 4,263円(初月無料、2ヶ月目まで3,609円)
特典 なし キャッシュバック22,590円

ギガヤバ移住計画を利用した場合、2年間のトータルコストは3,696×25=92,400円です。
対して解約新規の2年トータルコストは、3,000+3,509×2+4,163×22-22,590=79,014円です。
(解約新規の月額料金が100円安くなっていますが、これはGMOの毎月貯まるポイントが割引に使えるためです。)

 

結果、解約新規の方が2年間で13,386円お得になります。
ただし、これは現在契約しているWiMAXの違約金が0円であることが前提条件になっています。ほとんどの方の違約金が5,000円~9,000円程度だと思いますが、違約金が13,386円を超えるなら、ギガヤバ移住計画を選んだ方が良いと思います。

 

ギガヤバ移住計画と比べて解約新規の方が手間がかかりますが、違約金が13,386円未満なら解約新規がお得です。