WiMAX2+史上最大のタダ替え大作戦は本当にお得なのか?

MENU

WiMAX2+史上最大のタダ替え大作戦がお得なのかを検証

WiMAX2+史上最大のタダ替え大作戦

WiMAXの帯域が削減されてWiMAX2+が増強されるため、WiMAXユーザーのWiMAX2+への切り替えを促進するためのキャンペーンが始まりました。具体的な施策内容は契約しているWiMAXのMVNO先によって異なりますが、基本は解約料金やWiMAX2+の契約事務手数料(3,000円)やWiFiルーターの本体代金が無料になります。

 

MVNO先の施策一覧の確認はこちら

 

契約時の特典をまだ受け取っていない人は要注意

キャッシュバックが特典の場合、契約してから受け取り可能になるまで半年以上かかります。キャッシュバック条件として決められた期間まで、必ず契約を継続しておく必要があります。キャンペーンで解約料金は無料になっても、特典が受け取れなかったら元も子もないです。

 

本当にWiMAX2+史上最大のタダ替え大作戦はお得?

WiMAX2+へ費用負担無しで切り替えられますが、特典は特にありません。解約料金が高い人は別ですが、ほとんどの人が解約して別のMVNO先で新規契約した方がお得になります。たとえば、解約料金が10,000円だとしても、GMOのキャッシュバック特典(最大27,390円)や@nifyのタブレット特典(MeMo Pad7)を新規で申し込んだ方が事務手数料が3,000円かかったとしてもお得になります。

キャンペーンで得をする人は一部の人?

上述したように解約料金がそこまで高くない人は解約して新規で申し込んだ方がお得になります。また、現在特にWiMAXを使っていて速度に不満の無い人は無理に解約新規で申し込む必要は無いと思います。
パソコンセットで購入して月額料金が高い、解約料金が高いといった人以外は今すぐではなくしばらくは様子見がベターです。

 

※現在はギガヤバ移住計画というキャンペーンに変更になっています。